葬式について

自治体が行ってくれえるお葬式とはどんなものか

お葬式を執り行ってくれるところには、葬儀社や互助会、協同組合以外にも市町村などの地方公共団体などがあります。
特に協同組合や地方公共団体などの存在は案外知らない人も多いです。
このうち市町村といった地方公共団体の半数以上が住民サービスの一環として、自治体葬を提供しています。
そのシステムは地方ごとに異なりますが、例えば、死亡届を提出した際に希望して申し込むと埋葬・火葬許可書とあわせて、葬祭用具や霊柩車券、火葬券といった券が渡され、これを指定された業者に持っていくと料金が割引されたり、あるいは指定業者を直接案内してくれるケースなどもあります。
ただし、費用が安上がりな分、お葬式の運営における人的サービスの提供や生花や花輪などをはじめ遺影写真や会葬礼状といったオプションは含まれないこともあります。
内容については吟味しておくことが大事です。
葬儀の担い手には葬儀社以外の選択肢もあるという知識を持っておけば幅広く検討することができます。

素敵な制服
でイメージアップに

最高のダイブポイント
にお連れします

事前に比較して見積もりをとり良かったです

葬式のことを生前に考えるのは、縁起が悪いことだなというイメージがありましたが、祖父が自ら葬式のことを決めておきたいと言い出し、家族みんなで決めることにしました。
葬儀業者を調べてみると、かなり多くの業者があることがわかって、これがもし亡くなった時に決めなくてはならないとなればかなり焦っただろうなと思い、早い段階で探し始めて良かったなと思いました。
比較してみたところ、料金にもかなりの違いがあることがわかって、実際に相談しに言ってみることにしました。
相談し見積もりを出してもらった時に、スタッフの対応の良し悪しも知ることができたので、それも良かったなと思っています。
早い段階で予約すれば、割引サービスなどもあるということも教えてもらうことができ、今の時代は生前に葬儀のことを考えるのは全然珍しいことではないんだなということを知ることができました。
早くに相談し、比較することにして本当に良かったなと思っています。

Copyright(c) 葬式 All Rights Reserved.