banner

一般的なお葬式というのは地方により異なる

banner お葬式の行われ方やしきたりというのは地方によって実に様々で異なります。
たとえば、沖縄本島を中心に病院に入院していても、いよいよという時を迎えると、家に帰って最期を迎えるといいます。
また、火葬するタイミングについても地域によっては最期を迎えた後、故人は直ちにあるいは密葬が行われて火葬場に向かい荼毘に付された上で、改めてお葬式をはじめるというところもあるほどです。
そのため、葬儀の運営やあり方に関して親族がアレコレ口を出し、仕切りをめぐる騒動に発展することも多いです。
要はこうしたトラブルは地方ごとのしきたりの多様性に起因するということです。
また、こうしたしきたりの差異のほかにも、専用式場の使用についても差があります。
都心ではとりわけ専用式場での葬儀が多くなっていますが、その使われ方は地方によっても異なり、病院からそのまま式場に行くこともあれば、故人をいったん自宅に戻した後に、式場で通夜・告別式を行うケースも多いです。
ほかにも、通夜は自宅で行い告別式だけは式場で行うなど様々なパターンに分かれます。
そのため、喪主の一存で決めずに地方ごとのしきたり、故人の実家のしきたりなども念頭に決めていくことが大事です。

横浜でECサイト作成
お任せください

新居浜市の地域に特化した物件
ぜひご覧ください

葬式に彩りのある花を使った感想

banner 葬式はしんみりした雰囲気で、色合いも落ち着いたものにしなくてはならないというイメージはもちろんありましたが、華やかなことが好きな人だったということもあり、彩りの良い花を使うことにしました。
参列者から批判されないかなという不安も持っていましたが、やはり故人の最後の時だし満足できる形にしてあげたいと思い切りました。
実際にチューリップやひまわり、カーネーションなど様々な花を使い、参列者は最初は驚いている様子でしたが、らしいと言ってもらえました。
しんみりした雰囲気ばかりではなく、きちんと故人とのや思い出を振り返って笑顔で話すことができたので、こういった彩りの良い葬式にして本当に良かったなと心から思いました。
最近は葬儀のスタイルは自由になっているということは確かなんだなと改めて思ったし、故人の好きだった色とりどりの花を使う葬式にすることができたということで、私自身もとても良い葬儀になったなと思います。

関連情報一覧

banner
2000年以前は各々の村や町会で住んでいる人々が持ち回りで葬式組なる役割を担っていました。

お葬式を行ってくれる代表格といえば

banner
お葬式を執り行ってくれるところには、葬儀社や互助会、協同組合以外にも市町村などの地方公共団体などがあ

自治体が行ってくれえるお葬式とはどんなものか

banner
お葬式において葬儀社の利用が一般的ですが、まずは故人の病院や警察から寝台車でいったん自宅に戻すのも一

葬式のしきりを任せていいか見抜くために

Copyright(c) 葬式 All Rights Reserved.